オーディションで審査員の印象に残る自己PRとは

効果的な自己PRとは

声優の養成所に入るためには、必ずと言っていいほどオーディションをうけなければいけません。大事になってくるのが自己PRです。皆さん自信はありますか?それぞれの養成所によって違ってきますが、だいたい一人30秒~3分くらいの時間が与えられます。この限られた時間のなかで審査員の心を掴まないといけません。

自己PR内容は、自分の人柄がわかるものが好ましいです。「どんな声優になるんだろう?」と審査員にイメージさせることができたらこっちのものです。

そして、その場で披露できるものにしましょう。「料理が得意です!」とアピールしても、その場で料理を作る訳にもいきませんよね。審査員が目で見て、しっかりイメージできることが重要になってきます。

ありきたりな内容はNG

一番よくないのが、他の人たちと自己PRがかぶってしまうことです。特にかぶりがちなのが

・歌
・モノマネ

この二つです。せっかく一生懸命に自己PRしても、その他大勢と認識されてしまったらもったいないですよね。ミュージカルやプロ並みに上手だったらもちろん披露しても大丈夫ですが、人より少し上手というレベルならやめておきましょう。自己PRで大事なのは、オリジナリティーです。自分のことをよく分析して、人とできるだけかぶらないようなものが好ましいです。審査員の心に残るような内容がいいですね。そして、書類に書いたことと同じことを自己PRで言うのもやめましょう。書類を見たらわかることなので、審査員の心には残りません。

声優を目指すための第一歩に、養成所に入るという選択肢があります。現在第一線で活躍している売れっ子の声優さんの中にも、養成所出身という経歴を持つ人は大勢いますよね。ここでは、声優養成所について、入る前に知っておきたいことをまとめました。